2010年04月27日

「桃太郎のお供は?」「アンパンマン!」 昔話知らない子供たち(産経新聞)

 桃太郎の鬼退治にお供したのは犬、猿、おばあさん!? 桃太郎や浦島太郎といった有名な童話や昔話を子供たちが知らない傾向にあることが、大学教授らのグループが行った調査で分かった。人気アニメキャラクターが昔話に登場すると考える子供もいた。背景には、親がこうした物語の絵本を子供に与えないという近年の事情もあるようだ。

 筑波大学大学院の徳田克己教授(子供支援学)らのグループが平成2年から10年ごとに、子供と21の童話・昔話とのかかわりを調査。3回目の今年は東京都や愛知県などの幼稚園児259人を対象に、親を通じて自由回答による聞き取りで実施した。

 調査結果によると、桃太郎が鬼退治のときに腰につけた物について、2年の調査では3歳児の76%、5、6歳児の91%が「きびだんご」と正解。しかし、20年後の今回はそれぞれ22%、51%と低下。誤答にはパン、ケーキ、シチューといった洋食も挙がった。

 桃太郎と一緒に鬼退治に行った「犬、猿、雉(きじ)」の理解は、20年間で3歳児は49%から22%、5、6歳児で89%から50%にそれぞれ下がった。おばあさんやキツツキなどのほか、アニメキャラクターの「アンパンマン」と“珍答”もあったという。

 「浦島太郎は誰の背中に乗って行ったか」については、3歳児で理解していたのは62%から30%へ低下。犬、猿、桃太郎などの誤答のほか、ここでもアンパンマンが登場した。

 徳田教授によると、訪問先の幼稚園などでは近年、アニメキャラクターが昔話や童話に登場するとの誤解を持つ子供が多いという。「物語をキャラクターでアレンジした人形劇などのイベントや、絵本の影響ではないか。アレンジを否定はしないが、子供たちが原作をきちんと理解してからでないと、誤解して育ってしまう」と憂慮する。

 絵本の所有率は、桃太郎が最も高かった。ただ、初回の調査では兄姉のいない5、6歳児の97%が持っていたが、今回は55%とほぼ半減。ほかの絵本の所有率も、浦島太郎94→38%▽さるかに合戦94→37%▽舌切りすずめ85→20%▽花さかじいさん88→29%−など軒並み激減。親がこうした昔話の絵本を与えない傾向が分かった。

 親が絵本を読んだり話したりした経験も、桃太郎97→73%▽浦島太郎97→55%▽かぐや姫90→32%−などと低下した。

 徳田教授は「親も物語をよく知らなくなってきている。日本の昔話には年寄りをいたわる、うそをつかないなどの道徳が自然に身に付くものが多く、大切にしてほしい」と話している

 今回の調査は5月3日の絵本学会で発表される。

(草下健夫)

【関連記事】
学校給食に異変!給食に「お茶」で“牛乳離れ”あおる?
校庭にミカン植えたあの男…記者の直撃に「まさか逮捕されるとは」
教授糾弾、教室占拠…暴力に屈した“税立大学”
都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」
好き嫌いもこれで治る? スーパー給食に児童舌鼓 
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

首相官邸に不審物 首相宛て 乾電池とモーター入り封筒送りつける(産経新聞)
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
<たま電車>初の模型が登場、子どもたちに人気 鉄道模型フェス(毎日新聞)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
<訃報>戸井田孝さん61歳=大日本印刷常務(毎日新聞)
posted by アシザワ アキラ at 03:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】山崎直子さん(39)ら日米7人が乗るスペースシャトル「ディスカバリー」は20日未明(日本時間同日午後)、帰還に向け最終準備を進めた。
 当初は19日にケネディ宇宙センター(米フロリダ州)に着陸予定だったが、センター周辺が厚い雲で視界不良だったため、延期していた。
 20日は早ければ午前7時34分(同午後8時34分)に同センターに着陸するが、天候によっては、エドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)に着陸する場合もある。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル
野口宇宙飛行士に和スイーツ=井村屋がJAXA通じて「お届け」

<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
野生種との間で初のふ化=放鳥コウノトリ−兵庫・豊岡(時事通信)
「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(読売新聞)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
学力テスト、全国で開始…抽出方式で初(読売新聞)
posted by アシザワ アキラ at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求−仙台高裁(時事通信)

 宮城県議が公費で行った海外視察は実質的に観光だったとして、市民団体「仙台市民オンブズマン」(十河弘代表)が村井嘉浩知事を相手に、当時の県議13人に対し計約1460万円の返還を請求するよう求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小磯武男裁判長)は22日、市民団体の請求を退けた一審判決を支持、市民団体の控訴を棄却した。
 小磯裁判長は、視察について「県の観光政策のあり方を考えるに当たって全く関係がないとは言えない」と判断した。 

【関連ニュース】
沖縄密約文書の開示命令=政府間合意と判断-「不存在」認めず
三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟

歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)
posted by アシザワ アキラ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。