2010年04月22日

二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求−仙台高裁(時事通信)

 宮城県議が公費で行った海外視察は実質的に観光だったとして、市民団体「仙台市民オンブズマン」(十河弘代表)が村井嘉浩知事を相手に、当時の県議13人に対し計約1460万円の返還を請求するよう求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小磯武男裁判長)は22日、市民団体の請求を退けた一審判決を支持、市民団体の控訴を棄却した。
 小磯裁判長は、視察について「県の観光政策のあり方を考えるに当たって全く関係がないとは言えない」と判断した。 

【関連ニュース】
沖縄密約文書の開示命令=政府間合意と判断-「不存在」認めず
三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟

歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)
posted by アシザワ アキラ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。